ホーム  > blogトップ  > ひとりごと  > 

テクノラティの人からトラックバックがきた。

テクノラティの人からトラックバックがきた。

 

 テクノラティの中の人から6月27日のエントリーにトラックバックスパムが4発も打ち込まれているのですが、どうしたらいいんでしょう?
テクノラティとは

テクノラティはブログ界で何が起きているかについてを最もよく知っています。


 っていうくらいだからどうやら相手はプロらしい。
 自前のツールから私の記事を見つけ出したようだ。

 これは『トラックバック返し』をして「トラックバックありがとうございます」ってコメントして、素直に指示通りに行動するべきですかね?
 そうすればライブ会場のバックステージパスをもらえるかもしれないって!

ブログを書いて、Live8のバックステージへ!


米テクノラティ創業者兼CEO, David Sifryからの嬉しいアナウンスです!

★★目玉その1★★
Live8Japanのバック ステージに出入りできるプレスパスが10個テクノラティに託されました!!皆さんにプレゼントします!

★★目玉その2★★
Live8のスタッフがニューヨーク-エジンバラ間を往復するのに、ブロガーが最大5人同行できます!!飛行機もホテルも準備します!


 これはライヴエイトっていうのは慈善事業でいいことをしているのだから、その告知・広報にはどんな手段を使ってもいいっていうことなんですかねぇ?


「私の信じている宗教は世界平和を願うとてもすばらしいものだから、あなたも是非入信しなさいよ。それがあなたのためなのよ。
 だってあなたも世界平和を願っているんでしょう?」


って勧誘しているのと同じじゃないですか。


「今ならもしかしたらあこがれのスターに近づけるかもしれないわ。もしかしたら海外へあなたを連れて行ってあげられるかもしれない。
 そのためにあなたに私たちの宗教を広めるのを手伝ってほしいの。ほんの些細なことでいいのよ。このバッチを胸に着けて、あとはこの看板を門のところに飾っておいてね。そして友達にも声をかけてほしいのよ。
 大丈夫、ノルマなんてないから。広めようと思う気持ちが大切なの。」


って言われたら、それなら私にでもできるかもって考えるかもしれないですね。


「あなたはもともと私たちの考えに賛同していたじゃないの?そうでしょう?
 それに私たちには時間がないの。だからこんな方法をとっているのよ。もっと時間があればこんな強引なことしなくてよかったかもしれない。
 今はとにかくあなたやあなたの仲間たちのネットワークを使って広めて欲しいのよ。」


「これはこの宗教の宣伝のためじゃないのよ。あなたも願っている世界平和のためなの。だから――

 協力してくださいね。

 協力してくださいね。

 協力してくださいね。

 協力してくださいね。」


 っていう風に聞こえるのは私の心が病んでいるんですよね、きっと。間違って4回送信してしまうのはわざとじゃないと思うけどさ。


 世間が騒いだら教祖様や最上級の幹部は


「私たちが指示したんじゃない。下のものたちが勝手にやったんだ。暴走したんだ。」


って言うんだっけ?


Joi Ito's Web - JP: Live8 Concert
Gen Kanai weblog: Live8コンサートのバックステージに入れる50人のブロガーの一人になろう
テクノラティジャパンブログ: Live8コンサートのバックステージに入れる50人のブロガーの一人になろう


 せっかくの企画なのに時間がないっていうことなんだろうけど。


 あー、なんかもうほんとにばからしい。


 ライヴエイトもポベも宗教やマルチ商法やネットワークビジネスじゃないよねぇ?
 っていうか、私の頭が本当におかしくなっちゃったの?明日になったら治るかなぁ?ねぇ?
 自分は貧乏で何もできないのに偽善者みたいなことしてるからこんなことになるのかなぁ。自分にできる事ってなんなんだろう。なにもできないのかもしれない。


 ライヴエイトのチケット申し込みもしてあるんだ。まだ寄付金を払ってないけれども。
 明日の15:00までに振込みの確認ができればいいって話だし。まだ申し込みは間に合うから興味がある人は今日の日付が変わらないうちに登録するといいよ。
 私はもうこのライブには興味がなくなってしまったけれども。
 私の話は忘れたほうがいい。
 きっと素晴らしいステージになるはずだよ。


 ほっとけないキャンペーンもライヴエイトも、もともとは純粋な気持ちから始まっているんだと思う。そう信じてる。これからも信じたい。
 そしてこのトラックバックをしてきた人もいいことをしているんだと信じこんではりきっているんだと思う。


 それに対して不快感を抱く私のほうがおかしいのかもしれない。ガタガタ騒がずに黙ってトラックバックを消せばいいんだし。この前のトラックバック・ポリシーもほんの言い訳だから、よほどひどいもの以外はそのままにしてたんだけど。


 沈黙していれば平和なのにね。わざわざ言い出すのは梅雨だからしょうがないっていうことにしよう。


 というわけで、妄想終わり!もうどうして涙が出てくるのかわかんない。

* ruminary at 2005年06月29日 20:49 │Comments(12)TrackBack(3)
Category : ひとりごと 
この記事へのコメント
◆ Posted by 山崎富美   2005年06月29日 21:25
渡部ルミ様

テクノラティジャパンの山崎と申します。

このたびはご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。

今回、トラックバックスパムを行うつもりは全くございませんでした。渡部様の「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンについて書いておられたエントリーを自らの目で拝見し、トラックバックを送信させて頂いておりました。

しかしながらトラックバックPINGがエラーになってしまい、再送を繰り返した結果4通のトラックバックを送信してしまう結果になってしまいました。

本当に申し訳ございませんでした。

今後二度とこういったことを繰り返さないように致します。
◆ Posted by RUMI   2005年06月29日 21:46
私の言いたいのは回数の問題ではないことが伝わっていないのは残念です。

私に文章力がないことをお許しください。
◆ Posted by よっさん   2005年06月30日 00:25
えーとちなみに俺がMIXIで書いたのは決してルミルミの批判ではないのであしからず。
ルミルミはどちらかというと俺ん中では中田よりの人間なんです。
とか言っても全然いみわかねんねーか

すんません、たぶん俺こそ病んでるようだ。
最近よく言われるんです
◆ Posted by RUMI   2005年06月30日 00:48
あ。よっさんの言っていることはわかったよなんとなく。コメントしようと思ったけど、なんかうまく書けなかったんだー。

よっさんが病んでるのはただの物欲病だから大丈夫。
◆ Posted by maki   2005年06月30日 09:49
うーん。トラックバックポリシーというのは、守ってくれれば嬉しいというものであって、マナーが悪いことを非難するための手段に使うのはどうでしょうか。
消したいトラックバックは消す、でよいと思います。

http://vanillachips.net/archives/20050625_0014.php
もうちょっと寛容になれませんか?
◆ Posted by RUMI   2005年06月30日 11:09
単純にトラックバックポリシーを守らないことに対する非難ではないです。
トラックバックポリシーを読んでからトラックバックする人なんてほとんどいないとわかっています。
消したいトラックバックは消す、そのとおりです。
◆ Posted by kawai   2005年06月30日 13:32
梅雨だから悲しいんだよ、きっと。
これでも見て和んでください。
http://megwin.com/movie/27/id1.html

でもイベントやムーブメントの告知にトラックバック打つ人の気は知れません。
◆ Posted by RUMI   2005年06月30日 14:32
あはははは!並んでみるのは初めてです!!

ところでkawaiさん写真はどこかにアップしてるんですか?
わたしはやっぱりキスデジもD50も買う余裕がなさそうです(涙

20Dの箱をあげると言われましたが、持って帰ってくるのを忘れました。
◆ Posted by kawai   2005年07月01日 01:25
落ち着いたようで、なによりです。

写真はもっぱら自家消費ということで。
デジタル一眼レフは動きを「切りとる」って感じがしてとてもイイ!

僕が買ったのはKissDNだけど、やっぱり買うなら20Dがオススメです。連写機能が圧倒的に違うし。
それ以上はカメラマンじゃなきゃいらない気がするけど、ライター兼カメラウーマンのRUMIさんとしては必要?
外で取るならレンズはそこそこでいいかも。
◆ Posted by RUMI   2005年07月01日 13:46
カメラ欲しい熱は熱いままなのですが、懐がどんどん冷えてしまって……

で、こうやって文章がちゃんと人に伝わらないことがあると、ライターを本業にしていくのもちょっと考えないとなーってなんて。
◆ Posted by としろう   2005年07月08日 04:28
よそのトラックバックに関するブックマークからたどり着きました。
最近、私もトラックバックに関して、いろいろ感じるところがありましたので。
「私の言いたいのは回数の問題ではない」
わからない人からのトラックバックって、削除するのも疲れますよね。
でも、反対にまだ見ぬ人でもトラックバックで同じ気持ちを持つ人とつながると何だか嬉しかったりで。
後でトラックバックさせてください。
もし、こちらの勘違いで、意味不明な内容に思われたら削除してくださいね。
◆ Posted by RUMI   2005年07月08日 22:39
トラックバックのいいところを知っていると、むやみにトラックバックをクローズすることもできなかったりします。

人それぞれいろんな意見があると思いますが、自分の書きたいことを思うとおり吐き出してみるとすっきりしますよ!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ruminary/26702135
この記事へのトラックバック
テクノラティの件  [ プロスノーボーダー渡部ルミ ヒトリゴト言いっぱなし ]   2005年06月30日 12:25
 先ほどの私の意見を読んだ先方は、トラックバックが重複していることを気にしているんだと思ったようです。そんなものは1回でも4回でも関係ない。4回送信してしまったのはわざとじゃないことぐらいはわかります。これが100回っていうなら異常だけれど。  多分彼女はテ
善意を伝えることの難しさ  [ Proving grounds of the mad over logs ]   2005年07月05日 13:16
先般のLive8というイベントは、日本の『ほっとけない 世界のまずしさ』、アメリ
報告  [ プロスノーボーダー渡部ルミ ヒトリゴト言いっぱなし ]   2005年08月22日 05:58
 LIVE8 の件、和解しました。  以下のリンクは今回の件と直接の関係はありませんが、インターネットを利用する方は知っておくことをお勧めします。 なぜ善意の電子メールは暴走したのか はてなダイアリー - マイミクAIDとは 「マイミクAID」騒動まとめ ( mixi 内)


ホーム  > blogトップ  > ひとりごと  > 

テクノラティの人からトラックバックがきた。