ホーム  > blogトップ  > 幼年期  > 

下は去年の秋に2階から階段を滑り落ちて顔面で開けた穴です。

下は去年の秋に2階から階段を滑り落ちて顔面で開けた穴です。

階段 今昔。上の写真は幼い頃。
元の写真が相当ピンボケです。
右が私で真ん中に弟、左は近所のおねえちゃん。
モンチッチ懐かしいですねぇ。
大きいもんちっちと小さいもんちっち持ってました。

この階段付近も20年も経つと変わるもんです。
階段下は物置になり、壁には大きな穴も開いています。

昨年秋、私はひどいめまいに悩まされ、立ち上がる度にくらっときてました。
ある日の夜中、布団に入りながらいんたーねっとしたあと、そろそろ寝ようかなと思い、階下のトイレに向かいました。
油断しきって立ち上がったので、階段の最上段でめまいに襲われてしまい、必死で空中をつかみつつしゃがんだのですが・・・
そのままおしりで階段を滑り落ち、直角に曲がるところで方向を変えられるはずもなく。
おでこと鼻から壁に突っ込んだようです。
気付けば顔と口から血を流し、玄関に倒れこんでいました・・・

木とかコンクリートの壁だったら、もっと痛かったでしょうねぇ。
おしりにできた赤紫の内出血は、1ヶ月くらい残っていました。
トレーニングしにジムに行っても、できるメニューが少なくなってしまって困りました。

* ruminary at 1974年01月01日 00:00 │Comments(0)TrackBack(0)
Category : 幼年期 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ruminary/449000


ホーム  > blogトップ  > 幼年期  > 

下は去年の秋に2階から階段を滑り落ちて顔面で開けた穴です。