ホーム  > blogトップ  > スノーボード  & スノーボードニュース  > 

山岡総子、中島志保、岡田良奈 ワールドカップハーフパイプで表彰台独占

山岡総子、中島志保、岡田良奈 ワールドカップハーフパイプで表彰台独占

FISのワールドカップで日本女子が表彰台を独占したそうです!
前回のバンクーバーサイプレス大会はプレオリンピックということで、男子はショーンホワイト、女子はケリークラークと、世界のトップ選手が大活躍していました。
今回は大御所が出場していないとはいえ、確実なすべりで表彰台を独占したのはとてもすごいこと。
オリンピックまであと一年、米国勢、中国勢をおさえて勝つために、綿谷直樹チーフコーチのもとチーム一丸となってがんばってくださいっ!

んー、webニュースの記事はあまりに短すぎて全文引用になってしまいましたわ。
数日後にはSAJ全日本スキー連盟のサイトに綿谷さんからの報告が掲載されるかな?

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は二十日、カナダのストーンハムで女子ハーフパイプ(HP)を行い、一月の世界選手権で4位だったベテランの山岡聡子(34)=アネックス=が決勝の2回目に最高得点の44.3点を出し、二○○五年十二月以来となる優勝を飾った。

 2位に40.4点の中島志保(30)=桃源郷ク=、3位に37.8点の岡田良菜(18)=フッド=が入り、日本勢が表彰台を独占した。○五年十二月にも女子で日本勢が5位まで独占したことがある。(共同)


もういっちょ

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、カナダのストーンハムでハーフパイプ(HP)が行われ、女子は山岡聡子(アネックスク)が優勝、中島志保(桃源郷ク)が2位、岡田良菜(フッド)が3位に入り、日本勢が表彰台を独占した。山岡は3季ぶりの優勝で通算6勝目。


* ruminary at 2009年02月21日 17:31 │Comments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ruminary/50903171


ホーム  > blogトップ  > スノーボード  & スノーボードニュース  > 

山岡総子、中島志保、岡田良奈 ワールドカップハーフパイプで表彰台独占