ホーム  > blogトップ  > スノーボードギア  > 

チューンナップから帰ってきた板

チューンナップから帰ってきた板

チューンナップから帰ってきた板SNOWboard KLINIK JAPANから板が帰ってきました♪
とはいえ、しばらくはもっぱら脳内でしか滑れないのでこのまま保管。
右の板2本の様に、ネオプレーンでできたソールカバーを装着して保管します。
お客様がSNOWboard KLINIK JAPANにチューンナップに出した場合は、左の板のように袋に入った状態で戻ってくるので、そのまま保管できます。
くれぐれも直射日光の当たるところに放置!なーんてしないようにしてくださいね。
左の板はYONEXの03-04モデルのコンタクトですが、黒いロゴと模様はダイカットです。
中央に縦に入っているロゴ&マークは板に描いてあるのではなく、SKINSのワックスフィルムの模様です。
このフィルムを剥がさずに保管することで、滑走面が空気に触れることなく、酸化しにくい状態を保つことができるわけです。
SKINSについては、私のスノーボードのメンテナンスと保管参照。

きれいに生まれ変わって戻ってきた板を見ていると、滑りたーい!という気持ちになってくる。
一方で、きれいな板を汚したくないから、このままずーっと飾っておきたい気もしてきた!

んー。とりあえず得意の妄想で脳内を暴走してきますわ。

* ruminary at 2004年05月31日 01:04 │Comments(2)TrackBack(0)
Category : スノーボードギア 
この記事へのコメント
◆ Posted by たー(夜勤明けバージョン)   2004年06月02日 10:49
以前紹介していたエッジセット注文しましたよ〜!
振込先の支店名で、
地元の群馬県にSNOWboard KLINIK JAPANがあることに気づきました。
すごいぜ群馬。
◆ Posted by RUMI   2004年06月02日 11:37
そうそう高崎名物だるま弁当も近くにあるみたいです。

はりきってチューンナップしてエッジが無くならない様に注意ダー!!
あとチューンの後は、サビ止めマッキー忘れずに!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ruminary/754699


ホーム  > blogトップ  > スノーボードギア  > 

チューンナップから帰ってきた板