スノーボードニュース
竹内智香選手、今季4度目の準優勝・銀メダル。
シルバーコレクターなんていうことばもありますが、まだまだこれから!
今季のワールドカップアルパイン競技は残りあと二戦。
日本人初の快挙を成し遂げるのか、とっても楽しみです。
 スノーボードのワールドカップ(W杯)は26日、米メーン州のサンデーリバーでパラレル大回転を行い、女子の竹内智香(ロイズ)が今季4度目の2位に入った。竹内は決勝で22日のストーンハム大会(カナダ)に続いてアメリエ・コバー(ドイツ)に敗れ、W杯初優勝はならなかった。


智香のblogからは、彼女のがんばりがこちらにしっかりと伝わってきます。
優勝できる手応えを充分に感じることができるから
今はアメリーの優勝を心から称えることができる。

予選1本目1位。
予選2本目2位で決勝へ進出。
1回戦 キャミール(FRA)
2回戦 ドリス (AUT)
準決勝 クラウディア(AUT)
決勝  アメリー(GER)


今はドリス、クラウディア、アメリーとの戦いが
本当に楽しい。

こんな世界にいられることが本当に幸せです。

目指すものはたった一つ。


ユウキ(野藤優貴選手)は決勝トーナメントに残ったものの、勝ち上がれず。
とはいえ、男子で日本人選手が決勝トーナメントに残るっていうのはとってもすごいことなんだよね。
もちろん、ユウキも目指しているのは決勝トーナメントに残ることではなく、もっともっと上であることは間違いないんだけど。
アメリカ サンデーリバーでありました

ワールドカップ 結果報告させて頂きます。

結果 16位でした。

決勝に進むことができました。

そこからもう1歩先に進みたいって思っています。

一歩ずつ 確実に。


ワールドカップ、残りあと二戦。
そして、来年のバンクーバーオリンピック。
上位を狙って納得のいくすべりができるよう、心から応援しています。


* ruminary at 2009年02月27日 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
久しぶりに出場したFIS系の国際大会だったようですが、さすが、きっちり決めてくれましたー。

 スノーボード男子ハーフパイプ(HP)で国母和宏(20=道東海大―登別大谷高)が46・0点で優勝を飾った。

 ジャンプは高く、大技のナイン(横2回転半)もきっちり決めた。2回目は5人のジャッジ全員が9点台の会心の演技。逆転で制した国母は「今回HPに出るのはオレ1人。やらなければ、と思った」と笑った。


バンクーバーオリンピックに向けて、また大会に出場するのかな?
リョウ(青野令)との対決も楽しみだね。

そういえば、今週はアルツ磐梯のASIAN OPENウィークですねー。

こちらはFISレースにあまり出場していない世界のトップ選手がたくさんエントリーしていると思うので、結果がとても楽しみです。

* ruminary at 2009年02月26日 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
んーと、前回のトリノオリンピックで日本勢が獲得したメダルは、フィギュアスケートの荒川静香選手の金メダルのみだったわけで。
惨敗だのなんだのって言われてJOCもコーチ陣も選手も大変だったんだろうなと。
日本人はオリンピックっていうとメダルメダルって騒ぐけど、いやー、オリンピックっていう舞台に立つだけでも大変なんだよって思いつつー。
でもやっぱりみんな上位に入って欲しいと願いながら拳を握りしめてテレビで観戦するおいらだったりします。

 日本オリンピック委員会(JOC)のバンクーバー冬季五輪対策プロジェクトが、メダル獲得が有望な選手を特定して強化費を配分する重点強化策を打ち出し、フィギュアスケート女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)やフリースタイルスキー・女子モーグルの上村愛子(北野建設)ら6選手を対象候補に挙げたことが23日、分かった。配分額は今後検討する。


4年経つのって早いねぇぇぇぇ。

* ruminary at 2009年02月23日 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
こちらもスノーボードの国際大会ジャイアントスラロームで準優勝の話題。
 ユニバーシアード冬季大会第6日は23日、中国のハルビンなどで行われ、スノーボードの女子パラレル大回転の宮武祥子(北翔大)は決勝で敗れたが銀メダルに輝いた。


北海道勢がんばってるねっ!

* ruminary at 2009年02月23日 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
智香がワールドカップで今季3度目の準優勝。
あと一歩!
一歩というか、0.05秒だって!!

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は22日、カナダのストーンハムでパラレル大回転を行い、女子の竹内智香(ロイズ)は決勝でアメリエ・コバー(ドイツ)に敗れ、W杯初優勝を逃した。今季3度目の2位。


 また優勝に手が届かなかった。しかも0秒05のわずかな差。それでも竹内は「失望していない」と胸を張った。

 準決勝では今季4勝を挙げ、第4戦では決勝で屈したギュンターに逆転勝ち。決勝はトリノ五輪銀メダルのコバーに1回目に0秒60のリードを許したが、ぎりぎりまで追い詰め、並んでゴールした。


上島しのぶコーチのリポート
竹内は対戦のコマを進め、準決勝では宿敵イエロービブのオーストリア、ドリス・ギュンターとの対戦で今日一番の滑りをし、前回敗退の雪辱を果たして決勝へ。決勝ではドイツのアメリー・コバーとの対戦。1本目0.60のビハインドを取り、追い上げの2本目、接戦で並んだフィニッシュラインを通過し電光掲示板が示した数字は0.05差のアメリーの勝利。またもや2位の竹内の顔は落胆と悔しさの入り混じる複雑な表情で、第一声は「シャイセ!」。なかなか勝利するには難しさが残りますが、コンスタントに決勝に進出する今季の成長は大きく、今大会は勝利を逃すも内容としては今までで一番だったと思います。


智香のニュースを目にするたびにロイズの生チョコが食べたくなります。
先日、ペンションに泊まったお客様がロイズのココナッツクッキーチョコレート(正式な名前はわからーん)を差し入れしてくれたんだけど、そのクッキーもとってもおいしかったよん。

* ruminary at 2009年02月23日 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
北志賀小丸山スキー場で脱索事故だって!
小丸山スキー場といえば、むかーーーーーーし、学生選手権が北志賀ハイツで開催されてたときに微妙に道を間違えて行ってしまったことがあります。
そんなことすっかり忘れてたんだけど、このニュースを見て思いだしたよ。
ハイツに到着したと思ったら隣の小丸山スキー場で「困る山ぁー」ってあまりにくだらないオヤジギャグが頭に浮かんで自分にがっかりしたのでした。
そのときの学生選手権でケイタ(玉木啓太)やリヤコ(LILY下田)といっしょだったんだよなぁー。
11年前とかそんなん。

んーと、とりあえず脱索は非常に困ったことになるので、搬器を揺らしたり、いきなり飛び降りたりするのはやめましょうねっ!

 21日午後3時半頃、長野県山ノ内町夜間瀬の北志賀小丸山スキー場で、第7リフト(1人乗り、全長380メートル)のワイヤが支柱の滑車から外れ、スノーボードに来ていた男性3人が約5〜3メートル下の雪の上に落ちた。東京都北区赤羽、会社員御崎善浩さん(32)が胸の骨を折ったほか、神奈川県相模原市の男性会社員(31)と、大阪府吹田市の男性会社員(26)が、顔や足に軽いけがをした。


* ruminary at 2009年02月22日 03:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
FISのワールドカップで日本女子が表彰台を独占したそうです!
前回のバンクーバーサイプレス大会はプレオリンピックということで、男子はショーンホワイト、女子はケリークラークと、世界のトップ選手が大活躍していました。
今回は大御所が出場していないとはいえ、確実なすべりで表彰台を独占したのはとてもすごいこと。
オリンピックまであと一年、米国勢、中国勢をおさえて勝つために、綿谷直樹チーフコーチのもとチーム一丸となってがんばってくださいっ!

んー、webニュースの記事はあまりに短すぎて全文引用になってしまいましたわ。
数日後にはSAJ全日本スキー連盟のサイトに綿谷さんからの報告が掲載されるかな?

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は二十日、カナダのストーンハムで女子ハーフパイプ(HP)を行い、一月の世界選手権で4位だったベテランの山岡聡子(34)=アネックス=が決勝の2回目に最高得点の44.3点を出し、二○○五年十二月以来となる優勝を飾った。

 2位に40.4点の中島志保(30)=桃源郷ク=、3位に37.8点の岡田良菜(18)=フッド=が入り、日本勢が表彰台を独占した。○五年十二月にも女子で日本勢が5位まで独占したことがある。(共同)


もういっちょ

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、カナダのストーンハムでハーフパイプ(HP)が行われ、女子は山岡聡子(アネックスク)が優勝、中島志保(桃源郷ク)が2位、岡田良菜(フッド)が3位に入り、日本勢が表彰台を独占した。山岡は3季ぶりの優勝で通算6勝目。


* ruminary at 2009年02月21日 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
リョウタ(桐村遼太・YONEX)がポールトゥウィンでデモ競技SBXチャンピオンになったようですねー。
やったね、リョータ!
今回のワールドカップ遠征メンバーに選出されなかったのは悔しかったと思うけど、そのぶん国体で力を見せつけることができたかな?
ポイントレースではなかったけれど、195人中195番出走からの優勝はさらなるステップアップへの自信につながるのではないでしょうか。

リョータもチム(千村格)もYONEX CARBON TUBE MEISTERを使用。
わたしも同じ板の153に乗っています。
高速安定性もいいし取り回しもしやすいしとても乗りやすいですよん。
スノーボードクロスをやらない人でもテクニカル系ライダー、フリーライディング派ライダーには最適かと思います。
ツリーランやパウダーランももちろんOK。
試乗会などでぜひお試しくださいねん。

優勝したリョータのblog発見。
いや〜嬉しいです☆
予選のタイムトライアルでは195人エントリーしてて、まさかの195番スタートでした(汗)逆に大勢のギャラリーに注目してもらえて楽しかったですけど。195人まくりのラップで決勝に進むことができました☆

決勝は、天気も悪くてどーなることかと思いましたが、優勝できてよかったです☆★☆
国体初代チャンピョンになることができてとても嬉しいです♪


……「チャンピョン」って。
さすがリョータ。


続きを読む

* ruminary at 2009年02月20日 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
新潟国体、デモ競技スノーボードはじまりましたねー。
ジャイアントスラロームとスノーボードクロス、どちらも200人オーバーのエントリーだそうで。
定員300人って聞いたときにそんなにいかないべーって思ってたけど、300人に届きそうだったね。

で、わたしはというと。
北海道から東京への格安ツアーで地元に帰り、宿泊なしの延泊(?)にして国体と確定申告の税務署へと行こうかと思っていたのですが。
GSとSBX、どちらにエントリーしようか迷いに迷って、結局エントリーしないで締め切りの時間が過ぎてしまったのでした。
なんだそりゃー。
確定申告は郵送でいいから、一時帰国なしで春まで北海道です。

国体はGSは競技が終了して、とっちゃん(戸崎啓貴)が優勝したようですねー。
タイム差がすごいけど、出走順で明暗が分かれたのかな。
とはいえ一本目ダントツトップのタイムはさすが。

SBXは男子の予選が終了。
チームYONEXのリョウタ(桐村遼太)がトップだね♪
明日もこの調子でそのまま優勝しちゃってちょうだい。

やっぱりどちらの競技も知った名前、懐かしい名前がたくさんあったんで、行ったら楽しかったろうなーって思っちゃった。
舞い上がって競技に集中できなくなりそうだけどね。

来年以降はどうなるのかなぁ?
JSBAとSAJで各県の代表選考レースを合同開催するのかなぁ?
やっぱり公式競技にはなりませーんとかだったらさみしいな。

とりあえず、あしたの結果も楽しみにしております。
はりきりすぎてけがしないでね!


続きを読む

* ruminary at 2009年02月19日 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース
スノーボードのニュースを追いかけなくなっているわけじゃないんだけど、あんまりアップしなくなってるのは最近みんないろんなところから情報を入手してるしなーみたいなところがあって。
とくに大会の現場にいるときなんかは、ほかのメディアよりも一足早く途中経過やリザルトを報告できたんで、なんかがんばって速報上げてたなぁ。
って、なんかちょっと眠いから日本語おかしいけど許してねん。

智香がPGSで2位になったっていうWEBニュースを見て、「すげー!」って超興奮して。
さらにPSLでも2位になったって今度は新聞のニュースで見て、今度は「惜しい!」って。
来年のオリンピックに向かって、もちろんそれだけでなくワールドカップでもコンチネンタルカップでも表彰台の一番上に立つことを目標に、すごく努力して自分の道を進んでいるんだなぁって。
なんか、文字に表すのがとても難しいんだけど、いろんなことを感じました。
次の世界選手権、金メダルとってほしいなぁ。

なんかすごーくまじめにスノーボードひとすじでずーっとやってて、ここまでやってきて。
ほんとてっぺんに立って、そしたらこんどはもうちょっとフマジメな智香を見てみたいです。
ストイックに練習してる姿とか、大会にのぞむ姿とかしか見たことないもん。

あと、野藤優貴が男子のノックダウンに残ったのもすごいなぁって。
男子は世界の壁が厚いからすっごく大変だと思うけど、ユウキもフユキもマサキも自分の力を発揮してがんばってください。


上島しのぶコーチのリポート
お知らせ・報告|財団法人全日本スキー連盟|SAJ






新聞で『スノーボード パラレル回転』っていう見出しを見て「スノーボードにパラレル回転なんてあんの?」って言っている子がいたんで、ちょっとなんだかなぁっていう感じでした。
つか、『回転』っていうのやめて『スラローム』にしてほしいんだけど、文字数が長くなるから変わんないんだろうなー。
『スノーボード』はすぐ『スノボ』だしなぁ。
一般の人で『回転』って聞いてスラローム競技を思い浮かべることができるのはほとんどいないと思うー。


ほえほえほえー
こちらは明日の朝は新雪ですじゃー。
そいえばハードブーツですべろうと思ったのはみんなの活躍に刺激されたのかも。
でもあしたはソフトブーツじゃ。
マイスターで新雪に突撃。

* ruminary at 2009年01月10日 22:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
Category : スノーボード  | スノーボードニュース